サプリメントの副作用

サプリメントの副作用が気になる方もいると思います。サプリメントは医薬品と比較すると、栄養補助食品なので副作用は出にくいと言われて
います。しかし、使用するサプリメントの飲み合わせや食事との取り合わせ、過剰にサプリメントを摂取するなどすると、本来の効果が
現れなかったり、副作用のようなケースになる事もあるので、サプリメントへの過信はしないようにしましょう。
サプリメントの副作用でまず考えられるのは、サプリメントの組み合わせです。特定の疾患(糖尿病や心臓疾患など)を持っている場合は、
投与している薬の働きに悪さを及ぼすサプリメントがあります。たとえば、インスリンとビタミンC、カルシウムとビタミンD、抗がん剤と
ビタミンB2、亜鉛と利尿剤などが飲み合わせは良くありません。
また、サプリメントの効果が半減してしまう取り合わせもあります。たとえば、カルシウムのサプリメントを摂った時に食物繊維を多量に
摂ると、カルシウムが食物繊維の働きで排出される恐れがあります。
他には、お茶に含まれているタンニンがカルシウムと結合してしまう事もあります。
過剰摂取のケースでは、脂溶性ビタミン類は蓄積されやすいので、過剰に摂ると副作用が出る事があります。
例を挙げると、ビタミンAの摂り過ぎは、不足していた時と同じ症状が現れたりする事があります。
サプリメントと食事の摂り合わせや過剰摂取など副作用の恐れがあるケースは、充分に注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加