「 2016年09月 」一覧

ちょっと残念な花のお話

花を見ると心が豊かになりますよね。ところが世の中、そうとばかりも限らないようで…
実家の近くで頻発していた「花泥棒」についての話をしたいと思います。

とにかく道を歩いていて気に入った花があったらフラフラと手が出てしまう、ということらしいです。プランターに植えられているものならまだ運び易いでしょうけども、花壇に植えてあるものまで、それこそ見境なしのお構いなしです。

綺麗な花を見ると自分の所に持って行きたくなる、ということのようですが…あまりに心が貧相で、言葉も出ないほどですよね。
ちなみに私は綺麗な花が植えてあるのを見ると「ラッキー」と思っています。何故かと言うと、自分で一切世話をしていないのに綺麗なものが見られたからです。実家の隣家の方もいつも素敵な花を咲かせてくれるので、「楽しませてくれてありがとう」と言いたいです。

そう、私自身はとても花の世話が苦手なのです。すぐに水をやるのを忘れてしまったり。それはちょっと情けないとは思いますが、そんなこともあり、綺麗なものはそのままその場所に置いてある状態が一番綺麗なのであって、自分の所に持って行ってしまったら美しさも消えてしまうと思うのです。

なので花泥棒さんには、植えている方がどう思うかや、一生懸命世話をしてそこに植えているからこそ美しいんだということを改めてよく考えてほしいと思っています。

そういえば最近iPhone7乗り換えました。

古い携帯を使っていたのでかなり快適です。